読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Suddenly I ......

いつも、突然に。徒然なるままに。日々発信中

当選しやすい方法を紹介①

当選 懸賞 抽選 マスコミ ブログ

前の記事で「探偵ナイトスクープ」に当選したことを紹介いたしました。

kind-flower.hateblo.jp

 ↑今回の当選は、「」と「タイミング」だと思いますが

 

 

 記事の中で

今までいろんな懸賞・イベント・番組協力(観覧)の抽選に当選してきて

何か当選するのに基準・裏技・コツがあると思う。 と書きました。

そのなかでいくつか思い当たることを紹介したいと思います。

 

長くなると思うので

当選してきた方法を分けてほかに紹介いたします。

 

 

f:id:KindFlower:20160318181147j:plain

 

 

 倍率が少なそうなサイト・雑誌・番組から応募してみる

 ネットで検索すれば様々な抽選があります。

 話題になっている映画の試写会・トークショー・展覧会・来日公演など。。。

 本当にたくさんあります。

 たいてい、最初に目にしてしまうものが人気のあるホームページからの応募ページ

 なんだと思います。

 例えば

 

 ◎飲料会会社の飲料応募サイト

 ◎民法テレビ放送局の映画試写会の応募サイト

 ◎雑誌の出版社の応募サイト

 ◎TwitterのRT(リツイート)など

 など

 

 ネット以外だと

 テレビ番組・ラジオ番組・雑誌があります

 

 

 

 「おお!これ!行きたい!!ほしい!!」と、

 自分が行きたいなって思うものにすぐ応募すると思います。

 応募するのはいいんです!! 応募して当選の確率は1%もあるのです。

 

 

 でも、そのサイトや番組などの応募先でいいのか!!

 ってところなんです。

 閲覧や視聴率など高い番組やサイトからの情報だと、

 いろんな方が応募します。

 だから、倍率が高くなっていくと思うです。

 

 じゃあ、どうすればいいの?

 

 ほかのサイト、テレビ・ラジオ番組、雑誌をさがすのです!

 

 本当に行きたい!ほしい!なら、懲りずに探すのです。

 

 

 

 

 私事ですが、同じようなことがありました。

 高校生ぐらいの頃に、アイドルグループ嵐にはまっており、

 その時に上映された映画「ヤッターマン」をみたい。と思いました。

 

 

 当時、アルバイトも禁止されて、月3000円のお小遣いだけで一か月過ごしていました。

 CD(1500円~3000円)やグッズ・雑誌など(500円~)あつめたり・・・

 この限られた中でやりくりする中で映画代(当時1000円)の出費は大きいものでした。

 

  その時にたまたま聴いていた関西エリアでよく聞かれているラジオ番組中に

 ヤッターマンの映画試写会2組4名様にプレゼント!」と、抽選の募集があり、

 

 「おお!これは!」と、思い

 すぐに応募し、番組最後に名前を呼ばれるか、楽しみにしていました。

 

 そして、番組の最後

 

 

 

 

 

 

 呼ばれませんでした。(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

 でも、何とかして、映画を見たい!!と思い、必死に探しました。

 

 すると私の地域のテレビ局のとある番組

 「ヤッターマン映画鑑賞券を抽選で2組4名様プレゼント

 と、ありました。まったく同じです。

 

 

 「よし!応募してみよう!!」と、思いすぐ、はがきに書いて応募。

 

 一週間後、ポストの中にチケットが入っていました。

 

 本当にうれしかったです。

 

 

 ローカルな番組・雑誌・ホームページだと

 視聴者・購読者・閲覧者が大体が地域の方と限られています

 

 

 

 それ以来、私の地元や地元ではな地域のラジオ・テレビ番組のホームページ、

 ローカルな雑誌などを、さがすようにしています。 

 または、あまり大きく名前が出回っていない、知らない

 出版社さんBS番組局さんなどの抽選から応募させてもらっています。

 

 おかげさまで、コンサートや映画、展覧会のチケットをはじめ、

 テレビまでいただきました・・・・(笑)

 

 同じチケットなのに、応募先によって倍率は変わってきます。

 そして、当選する確率も大きく変わってきます。

 

 

 まとめ

 応募するなら、いろんなサイトをなどさがして、いろんなところで応募。

 

 応募の倍率が低く、当選の確率が高い と思うところに、応募してみるのです。

 

 

 よかったら、参考にしてみてください。

 また、ほかにも応募し、当選してきた方法を紹介します。

 

 

ありがとうございました。