Suddenly I ......

いつも、突然に。徒然なるままに。日々発信中

突然だけど、仕事辞めます。

タイトルにあるように、

突然ですが、仕事を辞めます。

 

と言う旨を、上司に伝えました。

 

正式に辞めるのは3月中旬ごろを希望したいことを伝えた。

 

あまりにも突然だったことに、上司は

 

【なんで、今になって辞めることを突然なの。前からわかってたことだよね】

 

など、たくさんのご指摘をいただいた。

 

3月で学生アルバイトは卒業シーズン、同世代は御懐妊され制限される中、

 

私が退職することとなると、もっと大変なことになる。

 

私が上司の立場だったら、キレてもおかしくないだと思う。

 

申し訳ないと思いながら、目頭から今にも涙が溢れるぐらいの涙をこらえながら

 

仕事を退職する旨を伝えた。

 

 

 

 

この3月で勤めて3年経とうとしているのに、3月なんでこのタイミング。

 

今までの中でいちばん長く続けられた仕事でもあり、

憧れだった北欧の世界観溢れた職場で、お客様と仲良くなれたり 

職場メンバーとも今まで打ち解けられた。

コロナ禍での休業手当も頂けたりと恵まれた職場だった。

 

なのに、なんでこんなタイミングなのか。

 

 

 

2020年まさかこんな世の中になるとは思わなかった、コロナウイルスで世界が大混乱。

 

じぶんの中でも

今まで当たり前だったことがぜんぶ、当たり前じゃないことに気づき、

祖母をはじめ家族、知人の死から、なんのために生きてるんだろう。と考える日々。

またその中で、新しいことにもたくさん可能な限り挑戦したり。

自分と向き合った2020。

 

f:id:KindFlower:20210212233555j:image

 

沢山理由はあるけども、唯一しぼれるとしたら

 

 

自分らしさを取り戻してきて、

自分らしい居場所を探しに行くため。

ということ。

 

じゃあ今までは自分らしくはなかったのか??

というと、そうでもない。

 

少し遡ると、

2020年は世界中コロナをはじめ波乱な1年だったこと。

 

私も人生の中で一番しんどいなって思った。

仕事も休業や勤務数が一気に減った上に、祖父母が立て続けに亡くなり、家にいる時間がおおくなった。

喜怒哀楽感情はあったけども、常に喪失、空虚感ばかりで、それを埋め合わせるために、本を読んだり音楽をきいたり、YouTubeみたり、映画見るなどなんでもいいからなんでもしていた。

新しい仕事にも出会えたし、人にも出会えた。

 

けどその反面、自分と向き合うこと自体が怖かったこと。

 

思考がノートやメモにアウトプットしたいけども、

それを言葉にできなくて、もやもやしていたこと。

アウトプットしたとしても【んー、なんか違う。】

と、モヤモヤの延長。

 

 

季節の変わり目もあってか、冬の始まりは起きるのが辛かった。

 

 

何もやる気しなくて、入浴、メイクもせず、ほど良き香りのボディクリーム塗って、最低限の身なりを整えて、鞭打って仕事に行き、時々通勤中は涙ながしたり

電車降りて休もうかなとしたり。

 

その反動で休みの日は本当に何もしない

 

野良猫眺めて遊ぶか、犬と散歩。

唯一の趣味である動画編集、写真編集を現実忘れるぐらいやるか。

また、友人や恋人と会う時は楽しみの一つでもあったから、身なりはきちんと整えて楽しむときは楽しんだ。

 

 

毎年冬になるとネガティブ思考だらけなうえに

寒くて動く気もしないし、もう眠り続けたいと。

また溜まりに溜まったモヤモヤがしんどくて何もする気が起きないけど、【無】でもありながら、とにかく必死でいきていた。

 

20211月末までは本当に廃人以上の廃人を極めた。

 

 

 

 

しかし、極めた廃人だった私が、1月末に日本で突然はやった

招待制の【clubhouse】に興味があり、招待してもらった。

 

 

アプリを開くと、いろんなトークルールが開かれていて、SNSでフォローしている人の生トークを聞くことや実際にお話しできるなど。

 

 

興味のある人、トピックのルームにいくと

【わ、本当にこの今瞬間話してるんだ!】

と、ただ、話を聞いているだけなのに、勝手に親近感、一体感みたいな空気を感じて、ひさしぶりにドキドキとワクワクで溢れていた。

 

またある日は、Twitterでフォローしている人に

スピーカーとして呼ばれて、話す側にもなり

仕事や家族友人以外の人と話すなんて、

何ヶ月ぶり?ってぐらい。

 

全く出会ったこともない人や、あのTwitterの人と話せていることに感動。

 

clubhouse上にいると、

あの夜をおもいだす。

 

2019年6月に旅行で行ったイギリスであまりにも時間持て余していた中、その日見つけた、アポ無しで突如行ってみた日英交流パーティー

 

旅行者はわたしだけ、あとはみんな現地に住んでいる日本人orイギリス人、ヨーロッパ出身者ばかり。

 

お互い自己紹介していると

 

医者、有名デザイナー、弁護士、イギリス名門大学主席卒などキャリアを聞くとすんごい人たちばかりで圧倒されたけど、彼らはそんな肩書きなんて一切関係なく【えー!旅行で!よくきてくれたね!】など

welcomeと温かく迎えてくれたり、ユーモアあふれるブラックジョーク数秒でfriendlyになっていた。

 

お互いの好きなことや興味のあること、イギリス生活など話していると時間なんてあっという間。

普段出会えないような人々にであって、

パッションやエネルギッシュさが生々しく伝わって

刺激的な日だった夜。 

 

エネルギッシュで好奇心あふれている自分。

心の底から自分らしくいられたあの感覚。

 

 

 

ほかに、SNSで知り合ってようやく会えた瞬間。

初めてあったのに、初めてじゃない感覚だけど、ドキドキとトキメキ。

 

今まで画面越しだったアイドルや芸能人と生で会えた瞬間の感動などなど

 

clubhouseでその感覚が蘇ってきたこと。

ただ声だけなのに、心に潤いに溢れていた。

 

 

廃人を極めていた私は、その潤いのおかげで

自分が好きなことは?苦手なことは?

どう生きていきたい?など自分と少しずつ対話できるようになってきた。

 

 

 

そして、もやもやも少しずつ晴れ。

喪失、虚無、無力から好奇心、感情が少しずつもどってきた。

 

自分らしくいられる場所。

仕事の面だと、今も楽しく感じるけども、

これ以上に色んなことに挑戦してみたい。

未知なることに沢山出会ってみたい。と思うよになった。

 

そして

ようやく自分の口から【仕事退職します】と言おうと決心できた。

 

 

しかし辞めたいのは1ヶ月後。

 

1ヶ月前になったのは上司や職場メンバーにしたら迷惑でしかない。

 

けども、この、思った瞬間すぐに言わないと

 

また廃人になるだろう。このチャンスは逃したくない。

 

その思いが強かった。

 

自分ファーストでしかない、色んな人に迷惑でしかないことは重々承知で覚悟したうえで言った。

 

 

退職理由としては割愛するけど、

案の定、ご指摘沢山いただき、あふれる涙を堪えた。

 

どんな退職理由であっても、同じだと思った。

 

 

帰り道、ご指摘いただいたことが頭中駆け巡って

このタイミングで言ってよかったんだろうか。と、振り返るばかり。不安もあった。

 

ちょっとでも不安をかき消そうと、Spotifyでランダムに音楽を流すと、

 

ボゴムくんのアルバム【bluebird】から

メロディが1番のお気に入りの【夢のroute】が流れてきた。

 

 

f:id:KindFlower:20210212233750j:image

 

 

ひさびさに聴くな〜。なんて聴いていたら、

溜まっていた涙が溢れて止まらなかった。

 

 

 

 

歌詞がまさに私の心をわかっていたかのような。

 

 

 

そう、自分が自分らしくいられたらいい。

 

自分を生きれるのは自分しかいないのだから。

 

今は

自分の中のトキメキ、きらめき、情熱を取り戻している最中。

 

 

 

2/11は旧暦で言うと、旧正月の前日、大晦日に当たる日だったらしい。

 

旧暦にはなるけど、春節を迎える前に、

モヤっとしたものが少しでも晴れてよかった。

 

 

 

 【Vlog】パク・ボゴム1stアルバム【blue bird】発売記念パネル展示in大阪

 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラマ「青春の記録」7話から:本「선물 ープレゼント」

毎週月火放送中の「青春の記録ー청춘기록」

本当にセリフ一つ一つが名言で、共感も多かったり

一つ一つに励まされては、涙が止まらない。

f:id:KindFlower:20200916080100j:plain

そんな、素敵なドラマですが。

 

 

先日0928に配信された第7話で

アンジョンファが、サヘジンに送った、本

 

f:id:KindFlower:20200929135520j:plain

선물ープレゼント

f:id:KindFlower:20200929135545j:plain

 

f:id:KindFlower:20200929135841j:plain

放送終了後には、ボゴムくんが、Twitter

本の引用で

 

 

 

 

ー最も大切な贈り物は 現在に生き、過去から学び、未来を計画することー 

 

 

これもまた、今の状況の自分であったり、ジョンハやへジュンの感情移入をしてしまい

感銘を受けてしまった言葉でした。

 

 

また、他にも開いたページでは

f:id:KindFlower:20200929141119j:plain

미래를 계획하기

현재보다 더 나은 미래를 원한다면 멋진 미래의 모습을 마음속으로 그려라.

그것이 실현되도록 계획을 세워라.

지금 계획을 행동으로 옮겨라.

 

より良い未来を望むなら

未来の姿を心で描き、行動せよ

Netflix字幕ー

 

いや、これには「ハッ」とさせられた文章でした。

 

表紙からして、こんなにかわいい。

素敵な言葉を集めるのが好きな私にとって、どうしてもこの本が欲しい。。

なんて思い、探してみました。

 

  • 本の原作があった!
  • 早速日本から注文してみた
    • 購入方法について
  • 今なら、特典もあるらしい・・・

 

 

 

続きを読む

【汝の罪を許すー너의 죄를 사해 준다ー】から気づいたこと。

先週9/7より、Netflixにて

パクボゴム、パクソダム出演

【청춘기록 青春の記録】が配信されている。

 

登場人物の設定が、26歳ぐらい。

ちょうど、人生の今後を夢から現実に考えて生きていかないと、将来危ないことになるから…。と、安定な道を探さないといけない。

幸せに生きていきたい。

けれども挑戦したいことはある、、、。

 

 

このドラマについて、

本当に今年見てきた韓国ドラマよりも

年が近いとこらぇ共感できることが本当に多くて、気づかされることも多く、また、韓国語がかなり学びやすい。

 

 

 

まだまだ語ることたくさんあるけども。

本日驚いたことがあった。

 

 

f:id:KindFlower:20200916080504j:image

4話の中で、

【너의 죄를 사해 준다】

汝の罪を許すー君の罪を許す】

 

この言葉を聞いた時、脳裏をよぎったのは

私の尊敬に値する監督

ユンソクホ監督の【秋の童話

 

ージュンソ(ソンスンホンさん)が幼い頃、新生児室に入ってしまい、名札を変えてしまったことにより妹が実は違う運命だった話(厳密にいうと病院が悪い)ー

 

10話ではウンソ(ソン・ヘギョさん)がジュンソを励ますところ

f:id:KindFlower:20200916080630j:image

最終回など

運命を変えてしまった自分を責めてしまうジュンソにとって支えになっていた言葉であった

【汝の罪を許す】が

ドラマのいろんなところにも使われてる。

f:id:KindFlower:20200916080730j:image

 

全く同じセリフ、そのまま使われていて

 

脚本家さん、、、、。

まさかの、『ボーイフレンド』で共演した

ソン・ヘギョさんの過去のドラマから引用した??

 

とか、疑ってしまった🤫🤫🤫

 

 

f:id:KindFlower:20200916080842j:image

 

 

そして、ユン監督の【春のワルツ

ー幼い頃に出会った2人。とあることによりスホが他の家の子になり、ウニョンから姿を消し数年後スホが天才ピアニストジェハとして、2人はオーストリアで再会するが…。

 

にも

同じく、ウニョン(ハンヒョジュさん)とスホ/ジェハ(ソドヨンさん)が島で再会し

姿を隠して生きたことに罪悪感などを持っていたジェハに、ウニョンが

【汝の罪を許す】

と、許していたところ。

 

f:id:KindFlower:20200916080942j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今回ドラマ【青春の記録】では

ジョンハとヘジュンが飲みに行った際に

酔っ払ったジョンハがヘジュンの名前から

【許す】っていう言葉に似てることに

【汝の罪を許す】

と、言ったところ。

 

 

 

そして、飲みの帰りに酔っ払って、今まで隠してきた仕事で辛かった感情を泣きながら吐き出すジョンハにたいして

ヘジュンがジョンハにそっと

【汝の罪を許す】とその言葉をかける。

 

 

 

 

ジョンハが座り込んだ時から、

もう、涙腺には涙がたまっているのに、

ここで【汝の罪を許す】って、涙腺から滝。

 

 

互いに生きている中で理不尽なことに直面したり、葛藤したり、人間関係、仕事の悩み、社会の荒波に揉まれ、特にこの2人の置かれた状況は、2人には分かり合えるものであり、

ジョンハもヘジュンもその言葉が自然に出てしまったのであろうか。

 

 

 

 

ここ最近、仕事のことや今後のことで

半分グレーな気分でみていたら

たまたま4話が、その時の自分にとっての

神回のように感じた。

 

また、幼いころから見ていた

秋の童話】【春のワルツ

【汝の罪を許す】が

【青春の記録】

で出てきたことにより、

今までもやっとしていたことが、クリアになり、この台詞から感じたことがたくさん出てきてしまった。

 

 

 

 

このことについては、また別の記事で書こうとしよう。

 

 

にしても、

酔っ払っても、ずーっと、見つめてはなしを聞いてくれる、ヘジュン、、、

 

 

素敵すぎる🥺🙏

眼差しだけで、すべてを語ってる、、、😭

f:id:KindFlower:20200916081045j:image

 

今後の2人、チーム・チャンポンがどのように成長していくかも楽しみ。